薬剤師は薬のスペシャリスト

>

医師と薬剤師

薬剤師の仕事内容

ここでは病院や薬局で働く薬剤師の仕事内容にしぼって紹介します。

みなさんは自分の元に薬がくるまで、どんな過程があると思いますか?
まず薬剤師は処方箋をもとに調剤を行います。
処方箋に記載されている薬には様々な種類があります。
錠剤、散財、液剤、軟膏、注射剤など様々です。
そして同じ名前の薬でも規格が異なっていたりと、薬はとても複雑です。
薬剤師は患者さんに安心して薬を飲んでいただけるようにという思いのもと、間違いのないように調剤を行うのです。

次に鑑査という仕事があります。
調剤した薬剤師とは別の薬剤師が、処方箋と調剤した薬剤とに間違いがないかをチェックします。
別の薬剤師が行うのは、思い込みなどからの調剤ミスを防ぐためです。

そして服薬指導のため、患者さんの元に薬が出されます。
どんな効果が期待できる薬なのか、日常で気を付けることや副作用などについての説明を行います。

こういった一連の流れがあるのです。

薬剤師の働く場

世間一般的には薬剤師と言えば病院や薬局のイメージが強すぎて、他の働く場所をあまり知らないものです。
薬剤師の活躍する場を簡単に紹介します。

ドラッグストア
ドラッグストアで購入できる一般用医薬品の第一類に該当する薬は薬剤師でないと販売できません。

製薬会社
新薬開発などの研究に携わることができます。
もちろん、MRと呼ばれる営業で活躍することもできます。

学校
小学校、中学校、高校と大学を除く学校では学校薬剤師という人が必要です。
学校薬剤師はプールの水の水質管理など、学校設備の衛生管理を行っています。

行政機関
テレビドラマでもおなじみの科学捜査研究所、いわゆる科捜研でも薬剤師は働けます。
その他にも麻薬取締官などのカッコいい職業にも就けます。

他にもまだ薬剤師は様々な場で活躍していますが、病院や薬局だけじゃないことは分かっていただけたでしょか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る