薬剤師は薬のスペシャリスト

>

身近なところの薬剤師

地域の薬局

薬局に行くには処方箋が必要だと思っている方はいませんか?
そんなことはありません!
ちょっとした健康相談などでも利用することができます。
自分の体のことで少しでも気になることがあれば是非立ち寄ってみましょう。
薬剤師が薬学的な知識をもとに的確なアドバイスをしてくれます。
薬局によっては定期的に健康相談会のような催しをしているところもあります。
血圧や脳年齢、肺活量などを測定してくれたり、薬や健康に対する相談にものってくれます。
普段なかなか薬局に入りづらいという方はこういったイベントを利用するのもいいかもしれません。
そして自分の「かかりつけ薬局」を決めておくことをオススメします。
薬局を1つにすることで、薬剤師はその患者さんの治療の経過を把握でき、薬の効果を確認しやすくなります。
患者さんにとっても自分のことを一番よく知っている薬局があることはとても大きなメリットとなるのです。

薬剤師を利用しよう

是非、薬局の薬剤師を良い意味で利用してください。
薬剤師は何度も言うように薬のスペシャリストです。
自分が飲む薬のことで疑問や心配なことはありませんか?
聞いてみたいけど医師に聞くのは何だか気が引ける…
なんて思っている方はいませんか?
薬剤師は患者さんの身近な存在でありたいと思っています。
病院へ行ってわざわざ診察を受けなくても、薬局ならいつでも気軽に無料で相談できます。
薬剤師がもつ知識というのは薬のことはもちろん、様々な疾患の治療などについても一級品です。
上記で「かかりつけ薬局」について述べましたが、「かかりつけ薬剤師」をもつことにもメリットはあります。
かかりつけ薬剤師を決めておくと、いつも同じ薬剤師が薬を出してくれます。
自分が飲む薬についてまとめて把握してくれるので、重複がないか、薬同士の相互作用がないか、薬の服用の際に注意することはあるかなどの的確な指導を受けることができるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る